結婚指輪【アクセサリー】


意外と見られていたりする手元だからこそ、洋服やバックなどを選ぶときのように、指輪を身に着ける大切な人を思いやり、指輪を身に着けた雰囲気や着け心地を気にしながら選んであげることも大切ですよね。

 

 

指輪とは

指にはめる環状の装身具。

指輪の起源については、はっきりとわかっていないようだが、今からさかのぼること遥か昔、紀元前の古代エジプト時代には、石や貝殻、さらには金などを加工し身に着けていたようで、この時代のファラオ(王)だったツタンカーメンに関連する指輪が発見されている。

また、中世のヨーロッパでは、「薬指には魔力」があると言われ、魔法の道具として使われたり、男性が戦いの際に身に着け、「武器」として使われたり、指輪のトップの部分に刻印を刻み、「印鑑」の代わりとして使われていた時代もあったようだ。

 

 

 

婚約指輪のはじまり

婚約指輪のはじまりは、紀元前の古代ギリシャ時代といわれている。しかし、この時代の結婚は「家」と「家」どうしの関係や子孫を残すことが目的で行われていたようだ。

愛情よりも「身分」や「お金」を重要視されていた背景があり、夫となるものがお金で花嫁を買う「売買婚」が主流だったそうだ。そして、その証として花嫁の父親に指輪を渡していたことがはじまりとされている。

 

 

結婚指輪のはじまり

結婚指輪のはじまりは婚約指輪より歴史は浅く、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世がはじめて結婚指輪を交換されたとされていて、ミュールによる「ローマの結婚指輪の起源」には、1027年に「花婿には鉄の指輪、花嫁には金の指輪を交換した」という記述が残っている。

 

 

日本では

弥生時代頃の指輪が発見されているので「魔除け」としての指輪はあったようだ。しかし、身に着けるという風習はなかったようで指輪自体が広まったのは江戸時代後期で、長崎に住むオランダ人から影響を受けて広まったとされている。

また、日本で指輪を交換するのが一般的になったのは、戦後の1960年頃に結納品のひとつとして、婚約指輪を贈られるようになったことからだそうで歴史は浅い。ちなみに、教会で結婚式を挙げた日本人は、同志社の創立者である新島襄(にいじま じょう)、八重夫妻だといわれている。

 

 

結婚指輪はなぜ左手の薬指なの

古代ギリシャ時代の人々は、心臓には「その人の心(感情)の中心がある」と信じられていたらしく、ギリシャ神話の中でも、左手の薬指には「心臓につながる太い血管がある」とされている。同様に、古代エジプト時代の人々も左手の薬指は心臓とつながっていると信じられていた。

それらから、愛し合う者どうしが互いに左手の薬指に「永遠・輪廻」を意味する環(指輪)を身に着けることで、永遠に相手の心とつながるという意味合いからとされている。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
贈る相手の「笑顔」を思い浮かべながら選んだ指輪が、ステキなお二人の未来を輝かせてくれますように。

Please look again if you like.