指輪にまつわるエトセトラ【アクセサリー】


意外と見られていたりする手元だからこそ、洋服やバックなどを選ぶときのように、指輪も服装や自分に合ったものを選び身に着けたら、グッとおしゃれ度がアップすると思いませんか。

そんなおしゃれに身に着けるファッションリングや大切な人へ贈る指輪などを選ぶ時に、きっと役立つ指輪についてまとめてみました。

 

 

指輪とは

指にはめる環状の装身具。

指輪の起源については、はっきりとわかっていないようだが、今からさかのぼること遥か昔、紀元前の古代エジプト時代で、この時代のファラオ(王)だったツタンカーメンに関連する指輪が発見されている。

驚くことに、現在使われているブローチを除いたジュエリーのほとんどが、すでにこの時代に存在していたそうで、主に金が使われてた。

一方、天然塊の少ない銀はあまり使われていなかったようだ。宝石には、ラピスラズリ、コーネリアン、トルコ石などが主に用いられ、まれにガラスや「ファイアンス」と呼ばれる、繊細な淡黄色の土の上に錫釉をかけた「青い焼き物」なども用いられていた。

また、中世のヨーロッパでは、「薬指には魔力がある」と言われ、魔法の道具として使われたり、男性が戦いの際に身に着け、武器として使われたり、指輪のトップの部分に刻印を刻み、印鑑の代わりとして使われていた時代もあったようだ。

 

 

指輪のパーツの名称

 

 

 

① アーム / シャンク
arm
shank指を通す金属の環の部分のこと。
② ショルダー
shoulder
センターストーンのすぐ脇のアーム部分のこと。
③ ルース
ruth
研磨やカットが施され、まだ石座やアームにはめ込まれていない状態の宝石。
④ センターストーン
center stone
リングの中央にあるダイヤモンドなどの石のこと。
⑤ サイドストーン
side stone
センターストーンのサイドに施された0.2ct(カラット)以下の小さな石のこと。
⑥ メレダイヤ
melee diamond
主に0.2ct(カラット)以下のダイヤモンドのことをいう。サイドストーンやアームに敷き詰めたりして使用される。
⑦ コレット
Colette
センターストーンを固定するための金属の台。
⑧ プロング
prong
石座にのせた石を留める細い金属の部分。

 

 

指輪の形状

指輪には迷ってしまうくらいのたくさんのデザインがある。手に着けたときの雰囲気や着け心地にポイントを置いて、選んでいくよいだろう。
 

甲丸
round
指にあたる部分は平らで表面は丸みを帯びており、リングの断面が半円形に近いかまぼこ型のリング。
平打ち
flat
表面は平たく、リングの断面が長方形のリング。
平甲丸
half round
表面はやや膨らみのある甲丸と平打ちを組み合わせた感じのリング。
逆甲丸
逆甲丸(reverse round
表面が中央に向かってくぼんでいて柔らかい曲線を描いたリング。
月形甲丸
dome ring
リングのトップ側に向けて太くなっているリング。
山高甲丸
指輪の幅が狭い形のものによくみられる、山の高いデザイン。
シノギ
square side shape
平打ちのサイドを落とした形で、断面が台形のリング。しのぎ(日本刀の刃と峰の間の斜めに面を取っているところ)の形が由来なのだとか。
剣腕(けんうで)
triangle shape
剣のように山型になった形で、断面が三角形のリング。
ストレート
straight
リングのアームが真っ直ぐな、シンプルでベーシックなデザイン。
S字 / ウェーブ
wave
緩やかなウェーブがS字のようにみえる流線型のデザイン。
V字
ての甲に向かってV字のように見えるシャープでスタイリッシュなデザイン。
X字
2つのリングをクロスさせX字のように見えるデザイン。
スパイラル
spiral
らせん状になっていて、指のサイズを気にせず使えるフリーサイズのデザイン。

 

 

指輪のデザイン

指輪には迷ってしまうくらいのたくさんのデザインがある。その中からもっとも代表的なデザインをまとめた。
 

ソルティア
solitaire
指輪の真ん中に石を一粒だけ配置したシンプルなデザイン。
石を立て爪で留めるセッティングとの組み合わせがスタンダードなデザイン。
メレ
melee
メレはフランス語で「小粒石」を意味し、真ん中の石のサイドに小さめの石を施されたデザイン。
パヴェ
pavet
パヴェはフランス語で「敷石、石畳」を意味し、アーム部分に小さな石を敷き詰めたデザイン。
エタニティ
eternity
アームすべてに小さな石を並べたデザイン。エタニティーは「永遠」を意味し、石が途切れなく並んでいることから「永遠の愛を象徴する」といわれている。
ハーフエタニティ
half eternity
アームの上部分に小さな石を並び、下部分が地金になっているデザイン。

 

 

指輪の種類

リングを身に着けるシチュエーションや用途によってリングの呼び名が変わる。
 

プロミスリング
promise ring
婚約前に真剣に交際している証として恋人に渡す指輪。
エンゲージリング
engagement ring

婚約指輪。
「婚約の証」に男性から女性に贈る指輪。国によってはペアリングとして男女が共に身に着ける所もあるようだ。

ウェディングリング
wedding ring

結婚指輪
日本ではマリッジリング(marriage ring)ともいわれている。「結婚の証」として男女が交換し、左薬指に日々身に着ける指輪。

ブラッジリング
bulaggi ring
エンゲージリングとウェディングリングのふたつをひとつにした指輪のこと。
ギンマルリング
ginmaru ring
2つのリングを組み合わせたペアリングのこと。
エタニティーリング
eternity ring
「結婚記念日」など夫婦の大切な記念日に夫から妻へ贈る指輪。
ベビーリング
baby ring
誕生石が埋め込まれた赤ちゃん用の指輪。ヨーロッパでは古くから「銀のスプーンをくわえてきた子供は幸せになる」という言い伝えがあり、赤ちゃんに贈る習慣がある。その銀のスプーンのかわりとして、出産祝いに「ベビーリング」を贈る人も増えてきているそうだ。

 

 

ピンキーリング
pinkie ring
願いごとなどの想いを込めて小指にする指輪。
チャームリング
charm ring
チャームは「お守り」を意味し、魔除けとして使われる指輪。
ポージーリング
poesy ring
外側、または内側に詩やメッセージを刻んだ指輪。
ムードリング
mood ring
液体水晶などの感温素材を含み、体温の変化に合わせて色が変わる指輪。
カクテルリング
cocktail ring
夜のパーティなどに用いる華やかなデザインの指輪の総称で、多数の宝石をドーム状の台座に高くセットしたものが多い。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.