金属アレルギー【ACCESSORY】


さぁ、はじめよう!!

ネックレスやピアス、指輪といったアクセサリーを身につけ、おしゃれを楽しみたいという人であれば、「金属アレルギー」について一度は気になったり、悩んだりしたことがあるのではないでしょうか。

医学に関連する本などを参考にまとめていますが、私は専門家ではないので明確なことを記すことはできません。ここではあくまでも、一般的に言われている金属アレルギーについて記していますので、鵜呑みにしすぎないようお読みください。

 

 

◎  金属アレルギー

金属には汗などの体液に触れると溶け出す性質があり、それがイオン化し体内に入り込んで身体のタンパク質と結合し免疫のはたらきで「異物」だと記憶される。

そして、再び同じ金属に触れると免疫が過剰に反応し、かゆみやかぶれなどといった「拒絶反応」を引き起こす症状のことをいう。

金属の種類や身につける人の体質、身につける頻度などの条件によって異なり、最初の接触によって感作が起こることがある場合もあれば、何度も接触をくり返すうちに感作する場合もある。

アクセサリーに用いられる金属の多くは、複数の金属を混ぜ合わせた合金(地金)の表面に、メッキ加工を施してるものが多いので、どのような金属でも金属アレルギーを引き起こす可能性を持っていると言える。

 

 

◎  原因

人の体内には、カルシウムやカリウム、ナトリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などの多くの金属元素が含まれていて、これらは欠乏すると体に様々な秋影響を与えてしまうため、人体には必要なものではあるのだが、皮膚と接触し汗などの体液に触れることで拒絶反応を起こしてしまう。

 

 

◎  アクセサリー

金属アレルギーの原因として、ピアスなどのアクセサリーによるものが、約8割を占めているらしい。

特にピアスは耳たぶなどに穴を開け身に着けるため、粘膜を貫通させて直接血液や体液に触れることになるので、アレルゲンになりやすい。また安いピアスには、イオン化しやすい金属が使われているものが多いので、発症率がグンッと高くなる。

アレルゲンとは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。 一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原も「アレルゲン」と呼ぶ。

 

 

◎  食品

私たちが毎日口にする食べ物には、人間に必要な栄養素の1つである「鉄分」が含まれている。

その鉄分には、「ニッケル、コバルト、クロム」などアレルギーを起こしやすい金属成分を多く含むものが、「豆類、チョコレート 、海藻類」などを食べ過ぎると、体内で金属イオンのバランスが崩れ、汗となって溶け出し汗が溜まった部分でかぶれてしまうそうだ。

 

 

◎  症状

金属アレルギーの症状には大きく分けて、2種類の症状がある。

 

 

◎  金属接触アレルギー

アクセサリーなどに使われている金属が、直接皮膚や汗などの体液でに触れ、それがイオン化し体内に入り込むと身体のタンパク質と結びつきアレルゲンとなって、同じ金属に触れると「かゆみ」や「かぶれ」、「発疹」、「水泡」などの症状を引き起こす。

 

 

◎  全身型金属アレルギー

入れ歯などの歯科金属や内服薬、食品に含まれた金属が体内に侵入することで発症し、口の粘膜や腸から吸収された後に汗として皮膚から分泌し症状が現れる。金属接触アレルギーと違い、全身から汗とともに出てくるので手のひらや足の裏に「発疹」などが多く見られる症状である。

 

 

◎  金属アレルギーになりやすい金属

金属の種類や身につける人の体質、身につける頻度などの条件によって異なるため一概にはいえないのだが、一般的に金属アレルギーを「引き起こしやすい」といわれている金属がある。

 

 

◎  ニッケル

ニッケルは、メガネのフレーム、下着の金属部分など、私たちの身近にある日用品に多く用いられている。加工がしやすいことからアクセサリーの地金に含まれていることが多く、さらにそれをメッキ加工したアクセサリーも多い。

これらを使用していくうちに少しづづメッキが剥がれ、いつのまにか汗の中の塩素イオンによってニッケルを溶かす作用が働き、アレルギー反応を起こす頻度が高くなる。そのためニッケルのアレルギーを持っている人が最も多いといわれている。

また、チョコレートや海藻類、豆類や茶類などの食料品にもニッケルが含まれていているのだそうだ。

 

 

◎  コバルト

ニッケルと関連性の深い金属で、ニッケルのアレルギーがある人の半数以上に、コバルトのアレルギーがあるといわれている。鉄より酸化しにくく加工しやすいことから、ニッケルと同様に私たちの身近にあるアクセサリーや化粧品、磁石などの日用品に多く用いられている。

 

 

◎  パラジウム

パラジウムは、金や銀と混ぜ合わせた合金としてよく用いられている金属で、歯の治療の詰め物やかぶせ物といった「銀歯」としてよく使われている。

 

 

◎  クロム

光沢があり固く、耐食性があることから、ステンレスとして流し台や包丁などの台所用品などに多くも用いられている。

クロム化合物には、人間の必須栄養素でもある「三価クロム」と強い毒性を持っているとされる「六価クロム」が一般的に知られていて、そのうちの「六価クロム」がアレルギー性皮膚炎を起こすとされている。

クロムはバックや革靴などの革製品、写真の現像、セメント、塗料の顔料などに多く用いられていているので、職人さんに多くみられる金属アレルギーなのだそうだ。しかし、クロムメッキやクロム合金に含まれているのは三価クロムで、金属アレルギーは生じないともされている。

 

 

◎  金属合金・金メッキ

純金や純銀、プラチナ自体は、溶けにくい性質のようなので、金属アレルギーになりにくいとされているが、強度などを補うために混ぜ合わせる金属により、アレルギーの反応がでてくることが多いようだ。

 

 

◎  その他

水銀、スズ、イリジウム、インジウムなどが、金属アレルギーを引き起こしやすいとされている。

 

 

◎  金属アレルギーになりにくい金属

金属の種類や身につける人の体質、身につける頻度などの条件によって異なるため一概にはいえないのだが、一般的に金属アレルギーを「引き起こしにくい」といわれている金属ある。

 

 

◎  チタン

チタンは酸素との結びつきが強く、チタンの表面に「酸化膜」という薄い皮膜をつくられることから、金属イオンが溶け出さないのでイオン化傾向が低く、水に溶けだしにくいため、金属アレルギーになりにくいといわれている。

 

 

◎  純金

純金は金属イオンが溶けにくい性質の金属なので、アレルギー反応がでにくいとされている。しかし、まったく溶けないというわけではなく、金を用いたピアスを身に着けて「皮膚炎を起こした」というケースもあるようだ。

よく金のアクセサリーでアレルギー反応があるとされている多くは、純金に反応したのではなく、ホワイトゴールドやイエローゴールドといった金合金で、柔らかい性質を持つ純金の強度などを補うために混ぜ合わせた、ほかの金属によるアレルギーに反応にしたことといえる。

 

 

◎  純銀

とても柔らかく延びやすい金属で、熱伝導性が高いことから銀食器やアクセサリーなど多くのものに用いられていて、殺菌作用が高い性質としても知られている。純銀は、イオン化傾向が低い金属なのでアレルギー反応がでにくいとされている。

よくシルバーアクセサリーでアレルギー反応があるとされているのは、純銀に反応したのではなく、柔らかい性質を持つ純銀の強度などを補うために混ぜ合わせた、ほかの金属によるアレルギーに反応にしたことといえる。

 

 

◎  その他

プラチナ、ジルコニウム、タンタルなどが、金属アレルギーを引き起こしにくいとされている。

 

 

◎  金属アレルギーにならないための予防

金属アレルギーは、「いつ、どこで、どのように」発症するのかは人それぞれで異なるためわからない。その上、一度発症すると一生治らないといわれている。だからこそ、「金属アレルギー」にならないためにも、前もって予防することを心掛けることが大切になってくる。

特に女性は男性に比べ、おしゃれのひとつとしてアクセサリーを身に着ける人も多く、金属に触れる頻度が比較的多くなるので注意が必要だ。

 

 

◎  素材を選ぶ

一般的に金属アレルギーになりにくといわれている素材のものを選んで身に着けるようにする。

何度も記すが金属の種類や身につける人の体質、身につける頻度などの条件によって異なるため、少しでも自分に金属アレルギーを持っていれば、少量の汗でもアレルギー反応がでる可能性があるので、特に金属素材を選ばないようにすると、なお良いかと思われる。

 

 

◎  汗をかきやすい環境では身につけない

汗を多くかく夏など汗をかきやすい環境では、金属にできるだけ触れないように身に着ける必要がある。

 

 

◎  アレルギー検査をする

皮膚科を受診し、原因の可能性がある化粧品や薬剤、金属などの検査薬をつけたシールを背中や腕に貼り、どのような反応が皮膚にでるかを調べる「パッチテスト」という簡単な「アレルギー検査」が受けられるので、自分がどんなアレルギーを持っているのか気になる人は、この検査をしてみることをおススメする。

 

 

しつこいようですが最後にもう一度言わせてください。金属アレルギーは、金属の種類や身につける人の体質、身につける頻度などの条件によって異なるため、一概にはいえませんが、あくまでも一般的に言われている金属アレルギーについて記しました。

なお、私は専門家ではないので明確なことを言うことはできません。金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひ専門家にご相談してください。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA