マーカサイトにやどる不思議な力【パワーストーン】

マーカサイト

落ち着いた上品な輝きを持つ鉱物で、ダイヤモンドの輝きにも似ていることから「黒ダイヤ」とも呼ばれ、ヴィクトリア女王がアンティーク・ジュエリーとして愛用していたことでも有名。
 
マーカサイトはパイライトと同じ成分で、同質異像(成分は同じだが性質が異なる)の鉱物で、見た目が似ていることからパイライトと混同して扱われることが多いようだ。
 
高温で酸性が強い中で形成されたものは「パイライト」に、低温でアルカリ性が強い中で形成されたものは「マーカサイト」となる。
 
英名 Marcasite
和名 白鉄鉱 はくてっこう
別名 Marcasite マルカジット
由来
マーカサイトは、アラビア語の「marqashith(マルカシス)」に由来する。
神話 -
原産地 オーストリア / フランス / ドイツなど
成分 FeS2
分類 硫化鉱物
結晶 斜方晶系
モール硬度 6 ~ 6.5
比重 4.9 ~ 5.2
屈折 1.81
光沢 金属光沢
光彩効果 -
石色

形状・カット スクエアカット / ボタンカット
注意点 汗や湿度に弱い。
浄化方法
クライスター ◎ 日光浴 ◯ 月光浴 - 流水 - ホワイトセージ ◎ 
 -  ◯
 
石言葉 憧憬 / 思い出
誕生石・守護石 12/31
パワー
仕事・勉強
心に落ち着きをもたらし、客観的な視点で物事を考えられる。
マイナスな感情を鎮め、的確な判断へと導く。
 
組み合わせ
マーカサイト × タイガーアイ
負のエネルギーを取り除き、前向きな気持ちになるようサポートをしてくれる。

 

パイライト

硫黄と鉄が結合してできた、黄金色から真鍮色の鉱物。
 
18世紀頃には「マルカジット」という名称でダイヤモンドのイミテーションとして作られたジュエリーが人気を集めていたのだとか。また、20世紀初頭のロンドンでも、「薄暗い夜会でも輝く宝石」として爆発的な人気があったとも言われている。
 
英名 Pyrite
和名 黄鉄鉱 おうてっこう
別名
Fool’s Gold フールズ・ゴールド
Marcasite マルカジット
由来
パイライトは、ハンマーなどで叩くと火花が飛び散ることから、ギリシャ語で「火」を意味する「 pyr(ピュール)」に由来する。
 
金よりも軽いが黄銅(おうどう / 真鍮 しんちゅう)のような色を示すことから、金に間違われることも多かったので、「愚かな黄金」を意味する「Fool’s Gold(フールズ・ゴールド)」とも呼ばれている。
神話 -
原産地
ペルー / スペイン / イタリア / チェコ / ドイツ / フランス / メキシコなど
成分 FeS2
分類 硫化鉱物
結晶 立方晶系 / 等軸晶系
モール硬度 6 ~ 6.5
比重 5
屈折 1.81
光沢 金属光沢
光彩効果 -
石色
 
形状・カット カボションカット / カメオ / ビーズ
注意点
水や汗に弱く、直射日光に長時間当てると、色が抜けてしまう可能性がある。
浄化方法
クライスター ◎ 日光浴 × 月光浴 ◎ 流水 × ホワイトセージ ◎ 
 ×  ◎
 
石言葉 危機回避 / 厳しいおきて / 恋のたわむれ
誕生石・守護石 4/1・12/6
パワー
金運
有意義なお金の使い方を促し、金銭トラブルを回避する。
健康
血液に酸素を供給し循環を良くする。
魔除け
持ち主を危険から遠ざけ、意識を高いところに導き、意志を強くする。
 
組み合わせ -
パイライト × サファイア
邪気を払い、心身の不調を整えるサポートをしてくれる。
パイライト × ルチルクォーツ
インスピレーションを高め、迷いや不安を取り除き、持ち主を最前の選択へと促すサポートをしてくれる。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.