レピドクロサイトにやどる不思議な力【パワーストーン】

レピドクロサイト

水晶などの石英属の鉱物の内部に、針状などのインクルージョンとして混入する物質の一種。
 
英名 Lepidocrocite
和名 鱗鉄鉱 りんてっこう
別名 針鉄鉱 しんてっこう
由来
レピドクロサイトは、ギリシャ語で「鱗(うろこ)」を意味する「Lepidos(レピドス)」と「繊維(せんい)」を意味する「Kroke(クローク)」に由来する。
神話 -
原産地 -
成分 FeO(OH)
分類 水酸化鉱物
結晶 斜方晶系
モール硬度 5 〜 5.5
比重 2.65
屈折 1.54 〜 1.55
光沢 ダイヤモンド光沢 / 金剛光沢
光彩効果 -
石色
   
形状・カット -
注意点 -
浄化方法
クライスター ◎ 日光浴 ◯ 月光浴 ◯ 流水 - ホワイトセージ ◎ 
 -  ◯
 
石言葉 -
誕生石・守護石 -
パワー
「霊力を高める石」として崇められ、古くから儀式などに用いられてきた石。
 
仕事・勉強
直感力や洞察力を高め、冷静な判断ができるように導く。
 
組み合わせ -

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.