ブレスレットのサイズ【アクセサリー】


実はなにげに見られていたりする手元だからこそ、洋服やバックなどを選ぶときのように、ブレスレットも服装や自分に合ったものを選び身に着けたら、グッとおしゃれ度がアップすると思いませんか。

そんなあなたに似合うブレスレットを選ぶポイントとして、自分に合うサイズを知っておくと購入するときに、きっと役立ちますよ。

 

 

手首のサイズを測る

デザインが気に入って購入したけど、実際に身に着けたらサイズが合わなかった。なんてことがないように、まずは自分の手首のサイズを知っておこう。

 

 

用意するもの

自分の手首
裁縫用の柔らかいメジャー
(メジャーがない場合は、手首に巻きつけられるくらいの余裕のある長さの細身の紙や紐でもOK。その時はペンと定規を忘れずに。)

 

手首を測る

① 手首の関節付近(手と手首のポコッと出てる部分の間くらい)の細身の部分を、メジャーを巻きつけて長さを測る。

② 紙や紐で測る場合は、紙や紐を手首に巻きつけて、巻きはじめの端の部分と交わったところに印をつけ、それを定規にあてて端から印をつけた所までの長さを測る。

③ 手首を測るコツは、ゆる過ぎずきつ過ぎない、適度にフィットするくらいで測ること。

 

 

ブレスレットのサイズ

ブレスレットの内側の赤い印(内周)のサイズがブレスレットのサイズ。

 

 

内周 約14㎝
手首の細い女性のサイズ。
内周 約16㎝
一般的な女性のサイズ、または、手首の細い男性のサイズ。
内周 約18㎝
ゆとりを持たせたい女性のサイズ、または、一般的な男性のサイズ。
内周 約18㎝以上
ゆとりを持たせたい女性、または男性のサイズ。

 

 

ブレスレットの選び方

好みにもよるが一般的なブレスレットの適正なサイズは、手首のサイズより1~2㎝程度が目安となっているようだ。

 

 

+ 1㎝
手首にフィットしているのでブレスレットがクルクルと回りにくい。
ブレスレットが動くのが気になってしまう人にオススメ。
ただし、ゆとりがほとんどないので、留め具を止めるときに少し手こずってしまうかもしれない。

 

 

+ 1.5㎝
指一本が間に入るくらいの、少しゆとりのある着け心地の良いサイズ。
締めつけ感が少し苦手という人は、このサイズから試してみるとよいかも。
モチーフのついたワンポイントのあるブレスレットなどがオススメ。

 

 

+ 2㎝
少しゆとりのある着け心地の良いサイズ。

 

 

+ 3㎝
ゆとりがあり留め具が止めやすいサイズ。
手首とのゆとりができることで、手首の細さを強調してくれる。また、腕を動かすとブレスレットも揺れるので、チェーンのみや細身のブレスレットなど「上品」な雰囲気にもなり、女性らしさを演出してくれる。
ただし、引っ掛けやすかったり外れやすくなるので注意が必要。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
これらを参考にお気に入りのブレスレットをみつけて、おしゃれを思いっきり楽しんでくださいね。
Please look again if you like.