ピアスをつける身体の部位と名称【手・足】


耳を飾るアクセサリーとして、特に女性が身に着けている印象が強いピアス。最近ではファッションアイテムの1つとして、ピアスをつけている男性も増えましたよね。

「ピアス」というとパッと思い浮かべるのは、耳につけるアクセサリーではないでしょうか。それ以外にも身体のあらゆる部位につける「ピアス」があり、それらをつける身体の部位によって名前があるのでまとめてみました。

 

 

ピアスとは

耳などの身体の一部に穴(ピアスホール)を開けて、その穴に通してつける装身具の総称。

 

ファッションピアスとは

アパレルショップやアクセサリーショップ、雑貨屋さんなどで手軽に買うことができ、その日のライフスタイルに合わせて様々な種類をつけかえて楽しむ、耳たぶのみにつけるピアスを「ファッションピアス」という。

 

ボディピアスとは

耳たぶ以外の鼻や口、へそなど身体のあらゆる部位につけることができるピアスを「ボディピアス」という。古くから世界の様々な部族が身体にピアスをする風習はあったようだが、70年代のアメリカでファッションとして身につける人が増え広まったようだ。

 

 

手・足の名称

手や足の部位につける、ボディピアスの名称についてまとめてみました。

 

 

クリックで拡大

 

① knuckle
ナックルとは、手のこぶしの骨のすき間の人差し指と中指の間、中指と薬指の間、薬指と小指の間の3か所にするピアシング。

② hand wave
ハンド・ウェーブとは、指間膜と呼ばれる指と指の間にある水かきの部分にするピアシング。

③ wrist
リストとは、手首にするピアシング。

 

 

 

クリックで拡大

 

① achilles
アキレスとは、アキレス腱をすくうようにして開けるピアシング。

② toe
トゥとは、足の指にするピアシング。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.